銀歯とセラミック歯のそれぞれの特徴をチェック

銀歯とセラミックの違いを比較

費用面の違いはどの程度

銀歯とセラミックの歯の費用の違い

銀歯とセラミックの歯では費用面で大きな違いがあります。
まず銀歯は一般治療で使用されるものであるため、保険の適用があります。
一回の治療費としては3,000円から5,000円程度が相場です。
詰めるだけでなく、大きく削って被せる等の場合でも1万円かかるか否かといった程度の治療費となります。
一方、セラミックの歯ですが、こちらの場合は基本的に保険適用外になります。
セラミックの歯は審美治療とされるため、保険適用の治療には該当しないのです。
そのため自費負担で治療費を払わなければならなくなります。
一般的には保険適用が為される治療の10倍の費用がかかるといわれています。
詰め物の場合であれば3万円から5万円程度、被せる場合にはそれよりも更に費用がかかるのです。

セラミックでも費用に違いがある

銀歯よりも高額なセラミックの歯。
例外がありセラミックではないものの、保険を利用して審美面に配慮した治療ができます。
小臼歯や第1大臼歯の治療の際には、一般治療として白い被せ物の治療が保険適用できる場合があるのです。
この場合、かかりつけの歯医者さんが対応可能であるか確認が必要です。
またセラミックの歯と違うため材質や強度の面では劣っているといえます。
金属の見た目に配慮したい方にはオススメの治療です。
セラミックの歯の場合は、基本的には保険は適用されません。
ハイブリッドセラミックよりも高額なフルジルコニアセラミックの場合、10万円以上の自費がかかる可能性があります。
その後の虫歯の再発や、経年劣化の可能性も低いため、治療後のメンテナンスを考慮すればフルジルコニアセラミックはその後のかかる費用の心配が少ないというメリットもあるのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る