銀歯とセラミック歯のそれぞれの特徴をチェック

銀歯とセラミックの違いを比較

強度はどちらが強いのか

銀歯とセラミックはどちらが強い

銀歯とセラミックの歯では、強度面でも違いがあります。
銀歯は金属製の詰め物であり、セラミックは陶器の詰め物です。
強度の面でいえば金属の方が強さはあります。
詰め物をする際、一般的には銀歯の詰め物をされることが多くあります。
それは、銀歯の方がどの歯に対しても耐久性があるからです。
例えば歯の必要な食事の際に、食べ物を噛みちぎる、すりつぶす等は前歯や奥歯など、場所によって行う作業が違います。
また食いしばりのクセや睡眠中の歯ぎしり等でも負担にさらされます。
銀歯はそのどの歯に詰められても、歯の能力の強度に対応できるよう作られています。
しかしセラミックの場合は強い強度が加わると、割れてしまう可能性があります。
そのため、使う場所によってはセラミックでは耐えられない可能性もあるのです。

強度が求められる場所の対処法

強度の面で銀歯よりも耐久性が低いといわれるセラミックですが、様々な工夫から負担の多い環境でも使用することが可能になってきました。
例えば歯ぎしりや食いしばりのクセがあるという場合には、マウスピースを装着することでセラミックの負担を軽減することができます。
さらにセラミック自体にも様々な加工がされ、例えば奥歯に使用する場合には、セラミックの内側に金属製のブリッジを施すメタルボンドという手法も用いることができます。
また経年劣化の面での耐久性でいえば、銀歯は少しずつ金属が溶けだす可能性がありますが、フルジルコニアのセラミック等は素材の劣化が少ないため、金属が溶けだすこともなく安定して使用できるといったメリットがあります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る