銀歯とセラミック歯のそれぞれの特徴をチェック

銀歯とセラミックの違いを比較

見た目に美しいのはどちら

虫歯の治療を受けるとき、自然の歯は削られて治療を受けます。
虫歯の進行を防ぐには患部を削り、その進行を食い止めるのが一番です。
しかし、私たちの体は怪我をしても修復されますが、歯だけは削られても修復しません。
削られた歯は再生せず、しかも削ることで歯の強度は弱まり、さらなる虫歯の危険にさらされます。
刺激にも弱くなり、そのまま放置することはできません。
虫歯で削られた歯の措置として、銀歯やセラミックの歯を詰める、被せるといった治療があります。
銀歯もセラミックも自然の歯の削られた部分を補修し、その後の虫歯の危険から自然の歯を守ってくれる効果があります。
ただし、銀歯とセラミックではその守る効果に違いがあります。
効果だけでなく、強度や費用の面でも多くの違いがあるのが両者なのです。
一般的に銀歯は虫歯の治療後の措置として用いられますが、事前に相談すると銀歯ではなくセラミックでも詰め物や被せ物を作ってもらうことができます。
そこで生じる問題は、両者の性質の違いです。
銀歯にもセラミックにも、それぞれメリットもありながらデメリットも存在し、どの歯に使用するのか等も併せて考慮しなければ、その後、新たな虫歯や口腔内のトラブルに見舞われるおそれも生じるのです。
そこで、銀歯とセラミックの歯の違いについて調べてみました。
一見、見た目に美しいと言われるセラミックにもデメリットはあり、見た目には目立つ銀歯にもメリットはあります。
治療を受ける前はもちろん、今後受ける可能性がある歯科治療の予備知識にしてみてはいかがでしょう。

TOPへ